多様な価値観を学ぶことができる高校留学にチャレンジしてみよう!

サイトマップ

Study abroad

メリットの多い高校留学

高校留学には、親元を離れて生活する不安や、経済的な負担などもありますが、それを補って余りある様々なメリットがあると考えられます。例えば、以下のようなメリットが挙げられます。
1、語学力がつく
高校留学の目的にこれを挙げる人は多いのではないでしょうか。英語など様々な国の言語を学び、それを日常生活で使用することで、語学力が自ずとついてきます。もちろん、留学期間によって、獲得できる語学力に違いはあるかもしれませんが、一時でも現地の言語に触れることに意味があると考えられます。
2、多様な価値観を学べる
留学先にもよりますが、様々な国の留学生らと共に時間を過ごすことで、それぞれの国の歴史や文化、そして多様な価値観を学ぶことができます。世界は多様な価値観で構成されていることを、若いうちに知るだけでも、とても大きな今後に活きる経験になることでしょう。
以上のように、高校留学には、語学力や価値観など多くのことを学ぶことができるといったメリットが存在します。その他にも、各自が向かう留学先によって、また各自の留学中の取り組み方によって、様々なメリットを見出すことが可能だと考えられます。メリットの多い高校留学、チャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか。

高校留学に向いている人の3つの特徴

高校留学に向いている人のポイントを3つ挙げるならば、何事にも自分から積極的に取り組むことができる人、異なるものにも好奇心をもって取り組める人、ポジティブで明るい人です。
海外では、学校にもよりますが、田舎の高校に行けば行くほど日本人の居ない学校になることは容易にあり、高校留学ではいきなり見知らぬ土地で英語だけのコミュニケーションを求められます。学校内では英語を第二言語とする生徒に向けたクラスもあるので、ネイティブの高校生のような高い英語力は求められません。ただ、それに慣れるまでは自分で何とかするしかないという環境であることには変わりないので、ここで社交性を発揮できるかが大切になります。逆に日本人が学校に居た場合、その人たちと交流を深めてしまうと、せっかく高校留学にきたのに一行に英語が上達しないということもあります。積極定期にネイティブと関わって、交流を通して英語を学べる人が成長しますし、現地でも孤立せずに輪を広げていくことができるでしょう。
高校留学と聞くと、真っ先に英語力に着目されがちですが、実はそれ以上に対人スキルのほうが大切だったりします。逆にこれが長けている人ほど、英語力がなくとも吸収がすさまじい分、あっという間にネイティブレベルの英語力を身につけていける人になると言えるでしょう。

自由度の高さが特徴的な私費の高校留学

高校留学で海外の高校で学ぶとなると、大きく分けると2つの種類があります。私費と交換という2つになるのですが、それは高校の選択に関する相違点があるのです。
結論を申し上げると、私費の方は自由に高校を選ぶ事ができます。自由に選びたい時には、交換よりも私費を選ぶと良いでしょう。まず交換留学では、確かに行く国などは自分で選ぶ事ができます。米国やオセアニア諸国など様々な選択肢がありますが、その中から自分の望む国が選べるのです。
しかし高校となると、話は全く異なります。そもそも高校留学では、大抵はサポート会社のお世話になるのですね。サポート会社は進路指導や現地サポートなどを行ってくれますが、交換留学では必ずと言って良いほどサポート会社の担当者が学校を選ぶ事になります。そして、あくまでも担当者が選ぶ高校に限定されるのですね。つまり生徒は、自分で学校を選ぶ事はできません。選択肢が著しく限られのが、交換留学のデメリットと言えます。
それに対して私費という方法の場合は、高校留学先などは自分で選ぶ事ができます。もちろん高校による入学許可が認められる必要はありますが、それでも交換留学よりは自由度はかなり高いです。ですので自分で好きな高校を選びたい時は、やはり私費が推奨されるでしょう。

ARTICLE

2016/08/24
高校留学ではTOEFLは何点必要なのかを更新しました。
2016/08/24
定期テストよりも大切な授業への積極参加を更新しました。
2016/08/24
高校留学の情報収集に関する魅力を更新しました。
2016/08/24
数ヶ月ほど経過すると意外と慣れる高校留学を更新しました。
TOP