多様な価値観を学ぶことができる高校留学にチャレンジしてみよう!

サイトマップ

Study abroad

高校留学ではTOEFLは何点必要なのか

海外に留学をするとなると、日本人の方々はしばしば英語資格に着目しています。特にアメリカの大学などに進学を検討中の方々は、その傾向が顕著です。なぜなら海外に留学するとなると、TOEFLなどのスコアが条件になる事もあるからです。米国の大学では、上記資格にて500点以上が求められるケースもしばしばあります。大学のレクチャーを理解するとなると、最低でもそれ位の英語力が求められると見なされるからです。ですがその500などの基準も学校次第で、中には600以上を求める所もあります。
ところで高校留学ではどうなるかと言うと、実はTOEFLは必須ではありません。上記のような500という数字は、必ずしも求められないのですね。しかし、高校に対するアピール材料になる事だけは間違いありません。と言うのも一部の高校留学先では、入学希望者に対する審査などを行うのです。その確認項目の1つとして、留学希望者の英語力があります。何らかの方法で、自分の英語力などを証明しなければなりません。
その際にTOEFLなどは、判断材料の1つになります。ですので500点などを取得していれば、それだけ高校留学の審査に関するハードルは、低くなるでしょう。もちろんそのスコアは、できるだけ高い方が望ましいです。

ARTICLE

2016/08/24
高校留学ではTOEFLは何点必要なのかを更新しました。
2016/08/24
定期テストよりも大切な授業への積極参加を更新しました。
2016/08/24
高校留学の情報収集に関する魅力を更新しました。
2016/08/24
数ヶ月ほど経過すると意外と慣れる高校留学を更新しました。
TOP